視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【マイボイスコム】保険商品の銀行窓口販売に関する調査結果 ~窓口販売開始に関して最も不安なことは? 1

■□■ハリウッドセレブ御用達のエチケット。 デートの前に、クロロフィリンで爽やかに!! 通常...
マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『保険商品の銀行窓口販売』に関する調査を実施し、2007年10月1日~5日に17,269件の回答を集めました。
本調査結果について発表します。


【調査結果 まとめ】
______________________________
◆窓口販売開始に際しての不安は、「保険加入勧誘」29%がトップ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
メインバンクとして利用している金融機関は、「地方銀行」が30%でトップとなりました。以下は、「三菱東京UFJ銀行」(18%)、「郵便局(ゆうちょ銀行含む)」(13%)が続きました。今年の12月22日、保険商品が銀行窓口で販売開始になる予定であることの認知状況は、「詳しく内容まで知っている」が3%、「内容についてはよく知らないが、解禁されることは知っている」は37%。
最新口コミ情報は・・・口コミランキング

認知率は4割となり、半数を下回りました。

保険商品の銀行窓口販売開始によって生じる利点は、「金融商品を一括管理できる」が21%でトップとなりました。以下、「あらゆる金融商品を購入できるので利便性が高まる」(13%)、「複数の保険商品を比較・検討できる」(12%)と、利便的理由が続きました。但し、「特にない」(57%)が過半数を占めました。

窓口販売開始によって生じる不安では、「取引銀行から保険加入勧誘をされる」(29%)、「銀行の窓口に、保険商品に通じた『金融のプロ』がいるかどうか疑問である」(22%)、「取引銀行での融資と保険商品の『抱き合わせ販売』が行われそう」(19%)が上位となりました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■□■ハリウッドセレブ御用達のエチケット。 デートの前に、クロロフィリンで爽やかに!! 通常...


◆口コミ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆口コミ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。