視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

現代の“仙人”がハンドパワー?「1万元を10倍に」信じた女性、年金だまし取られる―海南省海口市

肩・首筋のこり、手足のしびれに抹消神経のキズを治す。アクテージSN錠42錠(14日分)医薬品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000013-rcdc-cn
2007年11月27日、海南省海口市で起こったあまりにも古典的な手口の詐欺事件を、地元の「海南日報」が報道。

今月初め、80歳過ぎの女性チャンさんは「どんなに重い腰痛や肩こりも治す」と豪語する薬売りの中年男性と知り合った。男は仙術を会得したと話し、彼女はこれを信用。男を「王先生」と呼んで、連日彼の治療を受けた。

11月15日、王先生はチャンさんに仙術を披露。
最新治す情報は・・・治すランキング

彼女の1元札を赤い紙に包んでなにやら唱えた後、包みを開くと10元札に変わっているではないか。驚くチャンさんに先生は「心から信じれば、必ずお金は10倍になる」と説明。これを信じた彼女は2日後、貯めていた年金の1万元(約16万円)を先生に渡した。このとき先生は「18日の昼にチャンさんの家を訪ねていくから、それまでこの包みは開けないように」と言って、赤いタオルで札束を包み、彼女に返した。

18日午後、いくら待っても来ない王先生の代わりにタオルを開いたチャンさんが見たものは、1番上だけが本物の100元札で後はすべておもちゃのお金だった。現在、海口市公安局は詐欺容疑で王先生の行方を追っている。(翻訳・編集/本郷智子)

精華香砂養胃丸


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。