視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「保育ママ」訴訟 世田谷区の虐待放置認める

老犬介護用 歩行補助ハーネス 前足用 2L
 自治体の認定を受け、自宅で乳幼児を預かる「保育ママ」制度をめぐり、東京都世田谷区に認定されていた女(44)に生後5カ月の長女を虐待され重傷を負わされたとして、両親らが女や都、区に計約1600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。河野清孝裁判長は、女と区に計約740万円の支払いを命じた。都への請求は退けた。

 女は傷害罪で実刑判決を受けて確定している。女は虐待したことは争っておらず、女を保育ママと認定していた区に賠償責任があるかが主な争点だった。

 河野裁判長は、長女が重傷を負わされる前、女が別の乳児にも虐待をした疑いがあったにもかかわらず、区は何の調査もしなかったことを指摘。
最新視力情報は・・・視力ランキング

「区が適切な対応をしていれば、長女への虐待を防止できた」と述べ、区の過失を認めた。

 都に対しては「保育ママ制度は区の事務で、都には監督権限はない」として、責任を認めなかった。

 判決によると、夫婦は平成17年5月、長女の保育について女と契約。同年7月、女は長女が泣き止まないことに腹を立て、数十回にわたり揺さぶり、硬膜下血腫などの重傷を負わせた。長女には視力が低下するなどの障害が残った。

 世田谷区の話「控訴して区の考えを主張していきたい」

【関連記事】
・ 「モンスターペアレンツ」案外身近に…
・ キヤノンが保育所開設 子育てと仕事の両立支援
・ 【やばいぞ日本】ママ役はいや ペット役に
・ 掃除機で頭を吸引 香川の保育施設で虐待
・ サマンサタバサに適用第1号 都の保育施設支援
(引用 yahooニュース)


ネミール(R) ゲルマ55


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
大人ニキビから解放される9つの方法~本当の美肌を手に入れる!~

大人ニキビはしつこいですよね。

様々な原因から引き起こされる、大人ニキビ。
またそのニキビに悩まされるから厄介です・・・。

ニキビ、ニキビ跡やお肌のトラブルで悪戦苦闘している毎日から解放されたいと思いませんか?

大人ニキ…

図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…




スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

このコメントは管理者の承認待ちです

2007年11月30日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。