視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インフルエンサー・マーケティング/松尾 順

■□■ハリウッドセレブ御用達のエチケット。 デートの前に、クロロフィリンで爽やかに!! 通常...
先日開催されたSPSS(統計解析ソフト)のユーザー会

「SPSS Directions Japan 2007」

に参加してきました。


このユーザー会最終日のトリに講演された
ニフティ研究所 所長、友澤大輔氏は、

ブログ、SNSなど「CGM」(Consumer Generated Media)
の存在を企業が無視できなくなった背景

について、「物言う客」と「物言わぬ客」の対比で
わかりやすい説明をされていました。


その部分を簡単にご紹介しましょう。

これまで、企業に対して「物言う客」というのは、
コールセンターなどに電話してクレームを言う人や、
お客様アンケートを回答してくる人たちだけに
限られていましたよね。

これは、顧客全体をピラミッドとして捉えると、
頂点のほんのわずかな人たちだけ。
最新口コミ情報は・・・口コミランキング

すなわち氷山の一角。

残りの大多数の人たちの考えを知るのは困難でした。


ところが、今まで「物言わぬ客」だった人たちが、
パーソナルメディアである、ブログ、SNS上で盛んに情報を
発信するようになった。

こうした「物言う客」が爆発的に増大していること、
そして、あいかわらず自らは情報を発信しない
「物言わぬ客」ながら、ネット上に大量に流通する
「物言う客」の情報(いわゆる「口コミ情報」)に
影響を受ける顧客が増えています。


ですから、

・自社商品について、
 CGM上ではどのようなことが言われているか

に目が離せないし、

・企業は、CGMとどのような関係をつくるべきか

が企業のマーケティング・コミュニケーションに
おける重要課題になってきたというわけです...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■□■ハリウッドセレブ御用達のエチケット。 デートの前に、クロロフィリンで爽やかに!! 通常...


◆口コミ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆口コミ関連の無料のレポート情報
悪用厳禁!高すぎる健康保険料を安くする裏技

国民健康保険は、民間の医療保険と比べるとメリットはあるのですが、
保険料が所得によって決まってしまうので、不公平感があります。


保険料の未納が問題になっていますが、
中には保険料を滞納しながらも、保険証をもらっている人もいると…

不妊脱出のキーワードは以外にもこれだった

不妊に悩んでおられるご夫婦必読!
日進月歩の医療技術による不妊解決は
最終手段・・・
ドクターまかせではない、ご夫婦による
赤ちゃんのできやすい体質づくりを
ご紹介しております。…




スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。