視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

近視矯正手術、体験記(3)

近視レーザー手術ガイドブック(2008年版)
手術当日は、特に緊張もなく「眼鏡なしで見えるようになるんだ」とややウキウキモードで病院へ向かった。

名前を呼ばれ、手術室へ入った途端急に緊張してきた。 先生や看護士さんが、思ったより大人数で皆テレビドラマに出てくるような手術着を身に付けて私を待っていたのだ。

ベッドに横になって、右目にぐりぐりと固定器具をつけられたあたりから緊張はピークに達した。

「麻酔します」と目の中になにやら液体をかけられると、目の表面をひっかいているのが見えた。すると先生が今度は、「水で流します」といって、また液体がバシャバシャかけられた。私は、溺れているような感覚に襲われ、パニックになり、気分が悪くなってしまった。
最新レーシック情報は・・・レーシックランキング



気持が悪いと思っている間にも手術は続き、次は緑の光を見るよう言われた。「あぁ、今レーザーをあてているんだな」と思い、何かが焦げたような臭いがした。私はもう限界だった。「もう無理。左眼の手術には気分が悪くて耐えられそうにない。気分が悪いって言おう」と思っていた。すると看護士さんが、「次、左眼になります。気分悪くないですよね?」と断定的に聞いてきたので、私は蚊の泣くような声で「はい」というしかなかったのである。

「右眼と同じことするだけだ。あとちょっと。左眼をやる時間ぐらい耐えられるはず」と自分で自分に言い聞かせて、左眼も右目同様ぐりぐりジャブジャブが始まった。

最後に傷から目を保護する為のコンタクトレンズを装着されると、「はい、終わりです...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


屈折力矯正術後の目をガードする保護グラスです。レーシックプラス


◆レーシック関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆レーシック関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。



おもいっきりテレビでも紹介された、視力回復への近道!!

視力は一度落ちてしまったら回復は不可能だと思っていませんか?

いいえ、視力は必ず回復致します。

おもいっきりテレビでも紹介された理学博士が伝授する

視力回復への近道をあなたも知って下さい。

手術無しでも裸眼でものが見…




スポンサーサイト

2007年11月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。