視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

医療ミス:内臓疾患を「便秘」と誤診、帰宅させ死亡--大津市民病院 /滋賀

カット綿
 ◇2010万円支払い、和解成立へ--昨年2月
 大津市民病院(同市本宮2、三澤信一院長)で昨年2月、内臓疾患の男性患者を「便秘」と誤診して帰宅させるミスがあり、患者が翌日死亡したと26日、同市が発表した。男性の当直医(38)は誤診の可能性があることや患者の死亡を直後に知ったが、上司に報告しなかった。昨年8月、家族の抗議で発覚。同院は家族に謝罪し、2010万円の損害賠償を支払うことで和解した。12月議会に関連議案を提案する。
 市や同院によると、患者は同市内の無職男性(当時71歳)。昨年2月18日、腹痛を訴え、家族と同院の救急外来を受診。家族は「入院させたい」と申し入れたが、担当した消化器科医は、レントゲンとCTスキャンで検査したが、「便秘」と診断、薬を処方し、帰宅させた。
最新医療情報は・・・医療ランキング

男性は翌19日午後9時20分ごろ、おう吐し、救急車で大津赤十字病院(同市長等1)に搬送されたが、死亡した。赤十字病院は「消化管出血性ショックによる死」と診断した。
 翌20日、放射線科医がレントゲン写真を見て、「消化管の内容物が腹膜に漏れている」と担当医に指摘。担当医は家族に電話で連絡し、男性の死を知ったが、誤診も男性の死も診療部長に報告しなかった。昨年8月、男性の妻が病院に抗議して誤診が発覚。三澤院長は9月に家族に謝罪した。院内調査で12月、「内臓に穴が空いて内容物が漏れて腹膜炎を起こし、入院は必要だった」と結論付けたが、死亡との因果関係は「不明」とした...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


介護時のおもいやりパッドクイックターンパッド


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
読んだらきっと怖くなる、医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!!

医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界
なのです。

恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と
ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が
そこにはあります。

今回のレポートは、典型的なその一例を
ご紹介しま…

精神科医熊木徹夫の無料音声レポート(15)

このところ、新型インフルエンザをめぐる報道が過熱しています。
新型インフルエンザ大流行・特効薬タミフル・備蓄の大幅不足・異常行動・・
タミフルについての錯綜とした情報を、医療者の視点から切り分けます。
特に”異常行動”については、精神…




スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。