視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

波紋呼ぶ混合診療禁止「違法」の判決 医療の公平性めぐり見解対立

腰をガッチリホールド小物も入る便利な小袋装備!ウィズアクションギア
 健康保険が使える診療と使えない診療を併用する「混合診療」を原則禁止している国の政策に対し、「法的な根拠はない」とする初の司法判断が今月7日、東京地裁で示された。混合診療については、これまで解禁を求める議論はあったが、法的に問題があると考える人はほとんどいなかっただけに、判決は大きな波紋を広げている。(文化部 平沢裕子)
 皆保険制度の日本では、原則として効果や安全性について国が認めた薬や治療法にしか健康保険が使えない。しかし、効果や安全性が日本では認められていないが、欧米では認められている薬や治療が数多くある。これら保険が使えない診療(自由診療)と保険が使える診療をいっしょに受けることが混合診療だ。
 そして、保険診療を受けている人が自由診療を1つでも受けると、本来なら3割の自己負担ですんでいた保険診療分も含めて、すべて自己負担しなければならないのが現行の制度だ。
最新医療情報は・・・医療ランキング


 これに対して異議を申し立てたのが今回の訴訟。自由診療の分は自己負担で払うとしても、保険が使える分まで全額自己負担になるのはおかしいと訴えた。
 東京地裁はこの訴えを認め、保険診療分の自己負担は全額ではなく本来の3割でいいとし、国の混合診療禁止は違法との判断を示した。
 厚生労働省は「混合診療禁止は法的枠組みのもとで行っている」などとし16日に控訴した。
                   ◇
 混合診療を禁止してきたのは、混合診療を認めれば、効果があるかどうか分からない診療が横行したり、お金のあるなしで受けられる診療に差が出てしまい、医療の公平性が保たれなくなるとの考えからだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ソルボ らく楽コンフォートマット


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
これで治る!仮性包茎

生活に支障はないのにかっこ悪い仮性包茎…

自分で治せることをご存知ですか?

実は簡単な方法で治すことができるんです!

銭湯や温泉でこそこそしてきたあなた

堂々と歩けるようになってみませんか?…

図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…




スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。