視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

非殺傷兵器『Active Denial System』をワイアード記者が体験

中高齢になって衰え始める筋肉や組織を維持するために必要な栄養素をバランスよく配合していま...
Sharon Weinbergerいわゆる「非殺傷」兵器の被験者には決してならないというのが、私が防衛技術関連の記事を書く基本ルールなのだが、今回はこのルールを破ってしまった。そもそも私がこのルールを決めたのは、昔、ある見本市で、強いレーザー光で目を眩ませるダズリング・レーザー銃がブースに置かれていたのだが、それを手に取って至近距離から自分の顔に狙いを定めている人を見たのがきっかけだった。訓練を受けていない人間は、非殺傷兵器と聞くとバカなことをしがちなものだし、私は自分の視力は大切にしたいと思う。盲目になる危険などどうして冒す必要があろうか?米軍は10月25日(米国時間)、皮膚の最上層を急速に熱するミリ波のビームを出す『Active Denial System』(ADS)の、2度目の報道陣向け公開テストを行なった。
最新視力情報は・・・視力ランキング

軍はこれまでに1万回以上もの対物実験を行ない、人間に対しても数百回テストをしてきたという。「いいじゃないか」と、私は思った。今日のデモンストレーションはバージニア州のクアンティコ基地で実施されるのだし、被験者に名乗りをあげるだろう人間には、軍関係者だけでなく、記者だって20人以上いるのだから。集まった人間はみな、「免責承認書」と「General Talent Release」への署名を求められた。後者には「米国政府が『何事においても、またいかなる目的においても……私、または私の未成年の子供の名前を使う権利を、永続的に与える』」と書いてあった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。