視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オシム「後継」乱れ飛ぶ憶測 オジェック?岡ちゃん?

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 風まかせ 月影蘭 巻ノ四【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-0471
   サッカー日本代表イビチャ・オシム監督が脳梗塞で緊急入院したことをめぐり、早くもオシム監督の「後任監督」の名前が浮上している。なかには、浦和レッズのホルガー・オジェック監督が次期代表監督に「内定した」といった報道も飛び出し、ファンにも混乱を生じさせているようだ。「後任監督」はいったい誰? オジェック氏を後任に内定という報道も   オシム監督が2007年11月16日に脳梗塞で順天堂浦安病院に搬送されてから4日ほどたった。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三専務理事は2007年11月19日に、「第一の山場を越えて予断を許さないものの、徐々に回復に向かって前進しています」との医師の所見を公表しているが、協会は現代表チームの大熊コーチを監督代行とし、合宿などを実施する模様だ。
最新治す情報は・・・治すランキング

   「代表チームどうのこうのより、命を取り留めてほしい」――川淵三郎キャプテンの涙ながらの発言もあったが、08年2月からは2010年南アフリカW杯アジア3次予選が始まることもあり、日本サッカー協会は決断を迫られている。オシム監督が入院した翌日に、TBS系番組でサッカー解説者の金田喜稔氏が「個人的な見解」として、「(W杯予選など)この先のプレッシャー考えたら、協会の立場として考えた時には、監督を代えさせていただくという決断をせざるを得ないんじゃないか」   と述べるとおり、脳梗塞は66歳という高齢のオシム監督にとっては深刻な病気...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ダイエットにも効果的!国際特許出願中、米国・韓国特許取得済。新発想!食べる活性炭で毒素排...


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…

歯みがきしながらO脚を治す!

あなたの「O脚」は簡単に治ります!
しかも歯みがきをしながらという手軽さで・・・

簡単な方法なので毎日続けられます。そればかりか、
姿勢も良くなり、脚のラインがキレイになります!

今日から取り組んでくださいね。…




スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。