視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

既存医薬品に抗菌作用? 多剤耐性緑膿菌 野洲の薬剤師が発見

新カットバンA Mサイズ(19mm×72mm) 70枚入り
 大半の抗生物質が効かない多剤耐性緑膿菌(MDRP)に抗菌作用がある物質を既存の医薬品などから見つけたとして、滋賀県野洲市で薬局を営む薬剤師高岡洋五さん(64)=京都市山科区=が、24日までにMDRP感染症治療薬の特許を出願した。
 同感染症は治療が難しく、高岡さんは「治療薬の開発につなげたい」と期待を寄せている。
 高岡さんは、各地でMDRPの院内感染が深刻な問題となる中、治療に有効な抗菌薬を見つけようと思い立った。注射液や内服液、外用剤などの薬剤約250種と、主要な抗生物質12種を用いて、濃度を変えたり、薬剤と抗生物質を配合するなど計8000通りのサンプルを作成。京都微生物研究所(京都市)に委託し、MDRPの薬剤感受性試験を行った。
最新医療情報は・・・医療ランキング


 この結果、栄養補給の注射液に含まれる金属が抗菌作用を示した。さらにタンパク酵素阻害剤など2種類の薬剤に、MDRPに対してわずかに抗菌作用を持つ抗生物質をそれぞれ加えると、配合前に比べ抗菌作用が強く働くことも分かった。
 高岡さんは、これらの成果を基に「多剤耐性緑膿菌感染症の治療薬液」として特許を出願。近く日本化学療法学会に論文も提出する予定で、治療薬の開発に向けて複数の製薬会社と協議を進めているという。高岡さんは「最初は予想しなかった結果に驚き、興奮した。治療薬ができれば、多くの命を救えるかもしれない」と喜んでいる。
 MDRPに詳しい舘田一博・東邦大医学部准教授(微生物感染症学)によると、日本では同感染症に対し、複数の抗菌薬を使う併用療法を余儀なくされているが、奏功しない症例が多いという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


大正製薬リアップ 120ml


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。