視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ひんここ祭り:五穀豊穣願い 1万人が人形劇楽しむ--美濃・大矢田神社 /岐阜

いーぐる⇒ ○メ在庫~30台 Videoアルプス物語 わたしのアンネット 8【Video★アニメ】 BANDAIV...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000061-mailo-l21
 美濃市大矢田の大矢田神社で23日、恒例の「ひんここ祭り」があった。約1万人の見物客が、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する素朴な人形劇を楽しんだ。
 祭りは約500年の歴史を持つ。「ひんここ」の意味は不明だが、おはやしが「ヒンココ、チャイココ、チャイチャイホーイ」と聞こえることに由来するとの説もある。
最新治す情報は・・・治すランキング

99年に国選択無形民俗文化財に指定された。
 約100メートルの山道を登った山腹に作られた祭り場で、保存会員の住民28人が美濃和紙製の人形13体を操って「ひんここの舞」を披露。農民を襲う大蛇を須佐之男命(すさのおのみこと)が退治するという物語をもとに、おはやしに合わせて舞うと、見物客から拍手が起こった。
 保存会長の黒田章夫さん(70)は「おはやしは千年も万年も豊作であってほしい、という意味があると聞いた。重さ30キロ以上の人形を担ぐのは大変ですが、多くの人に喜んでもらえてうれしい」と話していた。【稲垣衆史】

11月25日朝刊

いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 アルプス物語 わたしのアンネット vol.10【アニメ】 BANDAIVISUAL...


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年11月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。