視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【押忍!オカネ塾】世界から人・モノ・金の集まる国 ドバイの投資について語ろう!!

ヌーブラ★本物をお届けします!!ヌーブラ正規代理店☆ヌーブラ ピンク TV通販・芸能人・セレブ...
塾長:「塾長の大金貯世(おおがねためよ)である!」

生徒:「質問があるのですが。最近、投資本などで『ドバイ投資』の文字をよく見かけますが、どうしてなんですか?」

塾長:「非常にいい質問だ。ドバイ政府は2015年まで、年率11%で経済成長を続けるというプランを発表している。そのために世界から注目されているのだ」

生徒:「政府が経済成長を続けるプランですか。日本で1960年に掲げられた所得倍増計画みたいなものですか?」

塾長:「所得倍増計画とは違うな…。ドバイのプランとは、『ドバイ・ストラテジック・プラン2015』という。具体的には、金融・貿易・メディア・IT・メディカルなど非石油産業の拡大、不動産やインフラを作り人を集め、経済を活性化させるという計画だ」

生徒:「ドバイというのはアラビア半島にあるんですよね?ということは石油がたくさん採れるんじゃないですか?それがどうして非石油産業を拡大させるんですか?」

塾長:「これはよく勘違いされることだが、ドバイは残念ながら石油はわずかしか採れないのだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

そのため、脱石油を掲げて経済の多角化をすすめている。石油が少ないことで、金融、IT、医療、教育、ナノテクなどの分野に国策が移っているといっていい。すでにドバイのGDPに石油の占める割合は6%以下となっている」

原油の生産量の多い国(BP調べ)1サウジアラビア 1,104万バレル2ロシア 955万バレル3アメリカ 683万バレル4イラン 405万バレル5メキシコ 376万バレル6中国 363万バレル7カナダ 305万バレル
生徒:「知りませんでした」

塾長:「ドバイの面積は埼玉県とほぼ同じ3885km²で、人口も約120万人と少ない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


高級なステンレス・スチール316L+マグネット付きアクセサリー★316L サージカルステンレス&マ...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

苦手な人は退治するよりも処理が大変です。
死ぬほどゴキブリが嫌いな私でもできる処理方法をお教えします。

ゴキブリの退治方法。…

図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…




スポンサーサイト

2007年11月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。