視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

近視矯正手術、体験記(1)

★オークションの醍醐味を味わう!★1円からOPEN★銀河の輝き! 勾玉 ブルーサンド 携帯ストラッ...
私は高校生の時、受験勉強のし過ぎで目が悪くなった。0.7くらいだったと思う。だが、まだ普段の生活は裸眼で送っても支障がなかった。車の運転免許を取ってからだろうか。眼鏡をかける頻度が多くなり、気がつくと私は眼鏡がなくては生活ができないほどになっていた。

お化粧したい真っ盛りのお年頃。お洒落な眼鏡も欲しかったが、コンタクトレンズは絶対必要だった。

それ以来、私の長いコンタクトレンズ生活が始まった。慣れるまでは随分涙を流した。落としたり度が進んだり何度も買い換えた。花粉の時期はどんなにいやでも眼鏡で生活しなくてはならなかった。目が良かったらどんなにいいだろう、そう何度も思った。
最新視力情報は・・・視力ランキング

そんな時、スイスに嫁いだ姉が「義理の父と弟が近視矯正手術受けたの。30万くらいって言っていたかな。二人とも嘘みたいに見えるって言ってたよ」と教えてくれた。

私も矯正手術のことは噂では知っていたものの、外国人や一流のアスリートや芸能人がするもので、いたって一般人の私には、ちょっと雲の上の手術みたいに思っていたのだ。

そんなある日、コンタクトレンズが破れてしまい、眼鏡で仕事へ行くことになってしまった。すると、私の眼鏡姿を見た同僚が「あれ? 目が悪かったの? 私ね、去年手術受けたんだけど、よく見えるようになったよ。超楽チン」というではないか?「えぇっ!?」こんな身近なところに、一般人で手術を受けた人がいるなんて。

私は彼女に食いついて話を聞いた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


 ▼プラチナスピアテール・グッピー(国産ブリード)(1ペア)


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…




スポンサーサイト

2007年11月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。