視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【コラム】 中国が世界生産シェア90%!「レアアース」の正体とは?

■【ブラック】クロコダイル×スエード調 ファスナー付がま口風ライン ショルダーバッグ【1円~...
ニュースでも頻繁に耳にするようになった、稀少金属を指す用語「レアメタル」。先日R25でも取りあげたし、もはや聞いたことない人なんていないはず。しかしレアはレアでも世界産出量の9割を中国が占める「レアアース」なる物質もあるという。この「レアアース」、いったいいかなるものなのだろうか?

「レアアースは、日本語で“希土類”といいます。ネオジムやランタンなど17元素の呼称で、原子核を周回する電子の配置が特殊なため、他金属にはない独特の機能を発揮するのです。プラズマテレビの発光体、デジカメのレンズ、強力磁石(ハードディスク、MRI)、ハイブリッドカーのバッテリーなどの二次電池、いまや日本の先端製造業の核となるものは、レアアースなしでは考えられませんね」(日本希土類学会前会長で顧問の足立吟也先生)

しかしそんな重要な物質がなぜ中国ばかりで生産されているのでしょう?

「地下資源に関しては運ですね。
最新デジカメ情報は・・・デジカメランキング

レアアース鉱石は、中国、豪州、インド等に遍在していますが、中国のイオン吸着鉱と呼ばれる鉱石が現在ニーズの高い希土類を多く含有しています」

なるほど、運か…。ちなみにレアアースの代わりになるものなど研究されたりしてるんでしょうか?

「残念ながら現状で代替可能なものは見当たりません。しばらく中国依存は避けられませんね。あと、よく勘違いされるんですが、レアメタルの他にレアアースという物質群があるわけではなく、レアメタルはレアアースも含めた稀少金属の総称です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


大決算セール!今ならポイント2倍!数量限定!CASIO/カシオ EXILIM/エクシリムEX-Z1080-GY(グ...


◆デジカメ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆デジカメ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。