視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大阪府議会政務調査費監査で異例のミス 訂正も公表もせず

世界の鉄道経営「今後の選択」
 平成16、17年度の約3億4000万円が外部監査の結果、目的外支出と認定された府議会の政務調査費問題で、監査で計算ミスなどで認定額を間違えていながら、府が訂正も公表もしていなかったことが21日、わかった。元職を含む議員20人分で、25万206円多く認定していた。監査結果に間違いが見つかるのは異例。外部監査をチェックする監査委員も発見できなかったという。

 府によると、政務調査費は市民団体が今年2月に監査請求。監査委員4人のうち3人が府議か親族だったため、弁護士4人による外部監査が行われたが、開始が遅れ、90日まで可能な外部監査期間はわずか46日。
最新監査委員 政務調査費情報は・・・監査委員 政務調査費ランキング

監査委員のチェックも8日間しかなかった。

 さらに、対象となった元職を含む議員は112人もおり、監査結果を記した文書は約800ページとなるなど異例の分量で、チェックしきれなかったという。自主返還した議員には府側から正しい額を説明していた。

 計算ミスなど単純な間違いだが、公表、訂正していないことについて府監査委員事務局では「監査が終了すれば地方自治法上訂正できない。今後は何重ものチェックをしたい」としている。

【関連記事】
・ 領収書添付で政調費公開へ 大阪府議会
・ 大阪市会の政調費、領収書添付わずか6割
・ どこも同じ?広島市議の政調費、領収書12%のみ
・ 【大手前ダイアリー】世間に通じない役所言葉
・ 「大阪流主義」特集
(引用 yahooニュース)


信じて待って寄りそって


◆監査委員 政務調査費関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆監査委員 政務調査費関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…



,,
スポンサーサイト

2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。