視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[新製品]オリンパス、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ――広角27mmから

【届いてすぐに使えるセット♪★xDカード1GB&ニッケル充電器セットなど】オリンパス(OLYMPUS) ...
 オリンパスイメージングは11日、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA sp-560uz」を発表。9月21日発売。価格はオープンで、予想実売価格は55,000円前後。

ほかの写真

 同製品は広角27mm~486mmまでの光学ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。同ズームレンズ一本で離れた被写体のアップや、景色のワイド撮影もできる。また、マクロモードで被写体に1cmまで接近し、花などのアップ写真も撮影可能だ。

 顔検出機能「フェイス&バックコントロール」を装備し、人物の顔や背景の露出補正を自動的に行うことで、逆光時などの難しいシーンでも適正な明るさの写真が撮影できるという。

 デジタルカメラで世界最速クラスとなる秒間15枚の高速連写が可能。さらに、シャッターボタンを半押している状態で、被写体の10コマ分の画像を記録できる「プリキャプチャー機能」を搭載している。
最新sp-560uz情報は・・・sp-560uzランキング



 有効画素数は800万画素。撮像素子は1/2.35型CCD。レンズはEDレンズ2枚/非球面レンズ4枚の11群14枚構成。開放F値はF2.8~4.5。記録メディアはxD-ピクチャーカードで、47MBのメモリも内蔵する。バッテリーはリチウムイオン充電池で、最大約380枚の撮影が可能。本体サイズは幅116×高さ78.5×奥行き78mm。重さは365g。

【このニュースの関連記事】
オリンパス、光学18倍ズームのコンパクトデジタルカメラ――広角27mmから (2007年9月11日)
オリンパス、笑顔認識機能を搭載した1,200万画素コンパクトデジタルカメラ (2007年9月7日)
オリンパス、光学5倍ズームのコンパクトデジカメ「μ 830」――800万画素CCDを搭載 (2007年9月6日)
オリンパス、水中撮影も可能な有効710万画素のコンパクトデジカメ「μ 795SW」 (2007年9月6日)
オリンパス、ICレコーダー「Voice-Trek」シリーズの最上位モデル――高性能マイク搭載 (2007年8月29日)
http://www.rbbtoday.com/
(引用 yahooニュース)


カードもOK! ゲットプラス楽天市場店デジタルカメラ CAMEDIA SP-560UZ 800万画素 光学18倍ズー...


◆sp-560uz関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆sp-560uz関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。