視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

返還求め住民訴訟 政務調査費の一部(和歌山)

 使途の裏付けがない県議の政務調査費の違法な支出を是正させたいとして、市民オンブズマンわかやまの畑中正好事務局長ら5人が16日、仁坂吉伸知事を相手取り、2002~05年度に在籍した県議41人が支出した政調費の一部計1億5484万円を、県に返還するよう求める住民訴訟を和歌山地裁に起こした。
 訴状によると、02~05年度に在籍した県議のうち、共産党県議と、このほど政調費の一部を自主返還した田辺市選出の原日出夫県議(真わかやま)を除く41議員が、政調費として事務所費、事務費、人件費の計1億5484万7704円を違法に支出し、不当に利得していたとして、返還を求めている。
 この政調費の使途をめぐっては、市民オンブズマンは5月18日、02~05年度の県議42人(共産党4人を除く)が支出した計約1億8300万円について、仁坂吉伸知事が県議に返還させるよう求める住民監査請求を提出した。
最新監査委員 政務調査費情報は・・・監査委員 政務調査費ランキング


 しかし、県監査委員は7月17日、交付の確定から1年以上経過していたとして、05年度分以外は却下。05年度分については、領収書や会計帳簿、賃貸契約書、雇用契約書などを調べた結果「不適切な支出は見つからなかった」として棄却した。これに対し、市民オンブズマンは「名古屋や仙台の市議に対して返還命令の判決が出ている中、県の監査は調査が不十分」と批判。棄却した結果を不服として、住民訴訟に踏み切った。
 市民オンブズマンの畑中事務局長は16日、和歌山市内で会見を開き「議員が支出した政調費は適正に運用されていたのか、違法な支出が隠されていないのか裁判を通じて実態を解明したい」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


世界の鉄道経営「今後の選択」


◆監査委員 政務調査費関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆監査委員 政務調査費関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

,,
スポンサーサイト

2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。