視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マラドーナ氏、容態安定し近く退院

FIFA フィーヴァー~FIFA創立100周年記念(1904-2004)DVD-BOX
【ブエノスアイレス18日】肝機能障害で緊急入院したアルゼンチン・サッカー界の元スーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏≪写真≫は容態が安定し、近く退院できる見込みとなった。主治医が18日明らかにした。
 マラドーナ氏は当地のロスアルコス医院に入院しているが、主治医が地元ラジオに「肝機能が正常に戻るまであと数日入院を続ける」と語った。
最新ディエゴ・マラドーナ情報は・・・ディエゴ・マラドーナランキング

退院後は自宅でアルコール依存症の治療を続ける予定という。
 元アルゼンチン代表主将として母国をワールドカップ(W杯)優勝に導いたマラドーナ氏は、アルコール依存症のため別の病院で2週間治療を受けた後、退院して2日しか経ってない6日前に激しい腹痛を訴え、再入院していた。肝機能に異常が見られたという。
 マラドーナ氏は2000年と04年にもコカイン中毒による心臓発作で入院している。〔AFP=時事〕〔AFP=時事〕

(引用 livedoorニュース)


ビクターエンタテインメント FIFA フィーヴァー~FIFA創立100周年記念DVD(1904-2005) VOLU...


◆ディエゴ・マラドーナ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ディエゴ・マラドーナ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト

2007年04月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。