視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ダートトライアル選手権、史上初の3連覇 館林の谷田川さん

3本で送料無料!★驚きの2,980円!フレーム レンズ ケース メガネ拭きの4点セット★【3本で送料...
 舗装されていないコースで改造車のタイムを競う「全日本ダートトライアル選手権大会」で、群馬県館林市台宿町の会社社長、谷田川敏幸さん(47)=が3年連続、通算5回目の優勝を飾った。同選手権での3連覇は史上初めて。「決まった瞬間には飛び上がるほどうれしかった」という。

 谷田川さんは、排気量が大きい「SC3クラス」に愛車のスバルインプレッサ(2000cc、450馬力)で参戦した。3月下旬に栃木県で行われた第1戦を皮切りに、今月6、7の両日に広島県で行われた第8戦で終了。総合成績を競うため、9月の第7戦で早くも優勝を決めたという。

 「非常に緊張していた。
最新視力情報は・・・視力ランキング

優勝が分かったときは、涙がとまらなかった」

 大会当日は原則、練習走行はできず、2回の走行で勝敗が決まる。1000分の1秒で勝負が分かれるといい、体調やマシンの整備に当たるメカニックとの呼吸は何よりも大切だ。「マシンのトラブルが1度だけだったことが勝因」。

 自動車レースに興味を持ったのは、自動車部に入った大学時代。同選手権には平成2年から参戦し、10年に初優勝、14年と17年以降、優勝を続けてきた。物流や自動車修理などの会社4社を経営する傍ら、18年には「チームYATAGAWA」を結成し、栃木県のダートトライアル専用コースで主に練習を重ねている。

 「出場者は20~30歳代が多いが、瞬発力と動体視力が落ちなければ、ドライバーとしてのノウハウはこちらが上。50歳くらいまでは現役で頑張りたい。もっと速くなって4連覇を目指します」
(引用 yahooニュース)


3本で送料無料!★フレーム レンズ ケース メガネ拭きの4点セットで驚きの2,980円!★【3本で送...


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。






スポンサーサイト

2007年10月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。