視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

広島の発言2007:市民を勇気付ける「光」に--日南田成志さん /広島

ワックル ループサポーター 17CM
 ◇イラク平和テレビ局in Japan・広島代表、日南田成志さん(48)
 ◇「非暴力で政教分離」目指し「イラク自由会議」がTV局
 イラク市民が非暴力で政教分離の社会を目指すイラク自由会議(IFC)が今年5月に創設した衛星テレビ局「サナ」の支援を、広島でボランティアで訴える。サナとはアラビア語で「光」の意。平和団体「平和と民主主義をめざす全国交歓会(全交)」との関わりが契機だ。
 「約20年前から全交を通じて平和などの問題を訴えてきましたが、イラク戦争の状況が伝えられる中で、イラク国内にも宗派に関係なくテロと占領を批判し、非暴力で政教分離の社会の実現を訴える人々がIFCを結成したことを知ったのが始まりでした」
 IFCでは、スンニ派とシーア派の抗争が起きそうな住宅地などをパトロールし、市民生活を守る活動も今春から始めているという。
最新医療情報は・・・医療ランキング

活動を知る市民はIFCを支持するが、訴えは広がりを欠いており、放送局設立の必要性に迫られていた。
 「イラク市民は宗派間抗争にうんざりしています。他の衛星放送では、男女平等や政教分離などは訴えず、子ども向けの番組では『銃を持って立ち上がれ』と訴えているものさえあります。イラク市民の思いをくみ取るテレビ局が必要でした」
 だが、衛星放送に必要な回線は高額。そこで、06年1月から日本国内でカンパを呼びかけ、今年3月までに必要な約5000万円を集めて開局にこぎつけた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【電位・温熱組合せ家庭用医療治療器】ドクターセラN (ダブルサイズ)


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。