視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

○暴力団の発射・所持罪新設=懲役と罰金最高3千万円-銃刀法改正案、閣議決定

平成「事件」ブック
 政府は16日、暴力団が組織的、不正権益目的に銃を発射、所持した場合の罰則を新設し、懲役刑に加え、併科する罰金では現行法で最高の3000万円を科すとした銃刀法改正案を閣議決定した。同法の罰則強化は、発射罪を新設した1995年以来12年ぶり。臨時国会に提出し、年内の施行を目指す。
最新長崎市長情報は・・・長崎市長ランキング

 今年に入り、指定暴力団住吉会系幹部の射殺や長崎市長射殺など拳銃使用の凶悪事件が相次ぎ、警察庁が重罰化を検討。銃の複数所持罪や密輸入、譲渡の罰則強化も盛り込んだが、組員らが発射、所持した場合にトップに責任を課す両罰規定の新設は「正業を営む法人を対象にしており、適用は難しい」(同庁)として見送られた。 

(引用 livedoorニュース)


平成「事件」ブック


◆長崎市長関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆長崎市長関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…




スポンサーサイト

2007年10月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。