視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

10月から求人年齢制限禁止 中高年は救われるのか

”先見の明の石”インド翡翠16ミリとオニキス羽織紐  
   募集や採用のときの年齢制限を原則禁じる改正雇用対策法が2007年10月1日から施行される。中高年や30歳以上の「年長フリーター」の雇用機会が増えることが期待されている。一方で制限には例外規定もあり、どこまで「中高年層」の「厳しい現実」が変化するのか。 年齢尋ねても即違法になる訳ではない   改正法は07年6月に成立した。これまで努力義務だった年齢制限を原則禁止したのが大きな特徴だ。違反した場合の罰則はないものの、行政の指導や勧告に従わない場合は、ハローワークや職業紹介業者に求人掲載を拒否される場合がある。厚生労働省によると、適用されるのは10月1日以降の求人申し込みからだ。
最新回復情報は・・・回復ランキング

9月末以前に掲載を申し込んだ求人は、そのまま掲載されることになり、利用者から「おかしい」と指摘があればその都度修正を指導していく。10月1日から一斉に年齢制限が消えるという訳ではなさそうだ。   ただ、年齢制限の「原則禁止」には6項目の「例外規定」がある。厚労省のHPで公開されている事業者向けに作った改正法の解説資料に掲載されている。   こうしたこともあり、多くのブログは改正法に対して冷ややかな見方を示している。法改正は「形だけ」であり、企業が欲しがる人材層が急に変わることはないとし、「無意味だ」「絵に描いた餅」という声も挙がっている。    また厚労省雇用政策課によると、面接や採用の際に企業側が年齢を理由に断ってはならないが、年齢を尋ねたからと言って即違法になる訳ではない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


落札後のお返事は10/15(月)となります。シリカブラックブレス(レッド・L)送料無料!メール...


◆回復関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆回復関連の無料のレポート情報
究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?

究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?


日本が発祥の地でありながら、一般的にはほとんど知られていないヒーリング・テクニック、『レイキ』をご存知ですか?


欧米では、公立病院でも実践されていて、普通に辞書にも載っていま…

「大学病院のうそ」~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

■大学病院だから安心だ。
■大学病院は手術が一番上手だ。
■大学病院は最高の医療を提供しているはずだ。

皆さんそう思っていませんか。

これを読めば、「大学病院だから大丈夫。」
という大学病院神話は崩れるかも、、、、、。





スポンサーサイト

2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。