視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

出版:田上さんの市長選振り返る 克明に3日間記録、カーラさんが本に /長崎

【Prefab Preparate Laboratory】ピンタックギャザー麻コートワンピース 【連続SA1016】:【1...
 長崎県のタウン誌「ザ・ながさき」の主幹、カーラ・マリ(本名・川良真理)さん(45)が、4月の市長選で当選した田上富久市長(50)の戦いぶりを振り返る「劇的!長崎市長選 3日で田上市長ができるまで」(ザ・ながさき)を出版した。故伊藤一長・前市長の銃撃事件を受け、市課長から立候補した田上さんのわずか3日間の選挙戦を、勝手連で応援したカーラさんが克明に記録した。
 カーラさんはタウン誌編集を通じて、市広報課員だった田上さんと知り合った。田上さんが市観光振興課主幹時代に発案した06年の「長崎さるく博」では、市民プロデューサーも務めた。
 5~6月には、今回の著書のベースとなる「のび太課長の大冒険」と題した3回の連載を「ザ・ながさき」に執筆。
最新デジカメ情報は・・・デジカメランキング

好評だったため、田上さんや妻和代さんらに追加取材し、本にまとめた。
 勝手連が中心となった市長選は、伊藤前市長の長女の夫と田上さんによる事実上の一騎打ち。演説に立ったカーラさんは世襲を批判したが、田上さんは「批判は控えた方が、市政を運営し始めた時にスムーズにやっていける」とたしなめたという。また、急な選挙のため、知人宅でデジカメで撮影したポスター用の写真に、ひげのそり残しがあったり、たすきの「市長候補」の「候」が「〓」になったりという逸話も紹介している。
 「3日という期間が全力疾走にはちょうど良かった。周囲が騒がしい中で田上さんが一番冷静だった」とカーラさん。田上市長は「(本を通じて)市政を身近に感じてもらえるのでは」と話している。B6変型判143ページ、1000円。問い合わせは、ザ・ながさき(095・822・2002)へ。【錦織祐一】
〔長崎版〕

10月12日朝刊
(引用 yahooニュース)


【今ならポイント3倍! 11/15 9:59まで】【送料無料・代引手数料300円】カシオ計算機 デジタル...


◆デジカメ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆デジカメ関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。






スポンサーサイト

2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。