視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「笑顔度対戦」「手がリモコンに」――画像認識、最前線

トランスフォーマー オプティマスプライムBOX[2枚組]
 「自然な笑顔で!」「もっと笑わないと負けちゃう」――10月2日に開幕したエレクトロニクス・IT関連の見本市「CEATEC JAPAN 2007」(千葉・幕張メッセ)で、笑顔を争うし烈な戦いがくり広げられている。オムロンの「リアルタイム笑顔度測定技術」を活用した「ベストスマイル決定戦」だ。

 カメラで撮影した顔画像をリアルタイムで分析し、笑顔の度合いを%で表示。一定時間内の“平均笑顔度”を競い、勝った方がニンテンドーDSをもらえるという“笑顔の真剣勝負”だ。

 記者は勝負には参加できなかったが、笑顔度判定を実際にやってみた。口角を少し上げるくらいだと70%前後で、作り笑顔だとばれてしまったよう。口角を思いっきり上げて笑ってみると100%に上昇したが、少しまゆを動かすだけで笑顔度は変わるため、100%を維持するのは難しい。
最新デジカメ情報は・・・デジカメランキング

みけんにしわを寄せて少ししかめっ面をしてみると、一気に20%に低下した。

 同技術は、カメラで読み取った2次元の顔画像を、あらかじめ用意した顔の形状の3Dモデルとマッチングして分析。口角が上がる、目尻が下がる、しわができる――といった表情の違いを読み取り、その笑顔度を顔データベースと照合して判定する。データベースは、数千枚の顔写真を人の目で「笑顔」「笑顔ではない」などと評価して作成した。

 プログラムサイズは約46Kバイトとごく小さく、コンパクトデジタルカメラにも搭載できる。デジカメで「最高の笑顔の瞬間」を撮影するといった用途のほか、接客業の人が店に出る前に自分の笑顔を確認したり、コミュニケーションロボットに搭載して人の表情を認識できるようにしたり――といった応用例を想定している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


トランスフォーマー オプティマスプライムBOX[2枚組]


◆デジカメ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆デジカメ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。