視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

イスラエル 軍の作戦で全身不随 パレスチナ少女窮地に

皮ふ炎・かゆみ ピフォニー軟膏 20g x6本 [皮膚疾患治療剤]送料無料!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000005-maip-int
 【エルサレム前田英司】イスラエル軍の「暗殺作戦」に巻き込まれ全身不随になったパレスチナ人少女が、イスラエルの病院での治療打ち切りを通告され窮地に陥っている。同国の法律は「交戦」の巻き添え被害者に対する補償責任はないと定めており、最高裁も「暗殺作戦」は合法との立場。少女側は同国での治療継続などを最高裁に訴え出ており、その処遇がイスラエル社会にも波紋を広げている。
 少女はパレスチナ自治区ガザ地区のマリア・アマンちゃん(6)。06年5月、ガザ市内を車で家族と移動中、目の前を走っていたイスラム原理主義組織「イスラム聖戦」幹部の車に、上空のイスラエル軍機からミサイルが撃ち込まれた。
最新回復 治療情報は・・・回復 治療ランキング


 爆発に巻き込まれ、同乗していた祖母と母、兄、おじの4人が死亡。父ハムディさん(30)と弟モミン君(4)が重傷を負ったほか、マリアちゃんはミサイルの破片が後頭部に突き刺さり、脳幹を損傷した。首から下は不随となり、回復は不可能と診断された。
 マリアちゃんは同年6月からエルサレムにあるイスラエルの病院に入院。人工呼吸器を付け、電動車いすを、あごで操作して移動できるまでになったが、食事も排せつも自分ではできない。ハムディさんが病院に泊まり込んで面倒を見ている。
 イスラエル国防省は月額1万2000シェケル(約35万円)の入院費などを「善意で」(報道官)負担してきたが、今夏、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラの病院に移送する方針を家族に通告した...

ニュースの続きを読む


★1円から★神秘的に輝く青は希望の色 人工オパール ブレスレット 【1円スタート】【大量】


◆回復 治療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆回復 治療関連の無料のレポート情報
健康だけが取り柄の主婦が一ヶ月で100万稼ぎ出す現代の裏ビジネス

医療品は高い!これは今も昔もかわりませんよね。

医療品が高いということは、それに携わるバイトも報酬が高いということです。

必要なのは自分の身体だけでいいんです。なんか胡散臭い話に聞こえまね・・・

しかしこれは違法ではなく、…

世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…



,,
スポンサーサイト

2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。