視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[鳥インフル]ヒト感染たんぱく質の変異特定 東大教授ら

パンデミック・フルー
 鳥インフルエンザウイルスが人間に感染しやすいような性質を獲得する際に不可欠とみられる変異を、河岡義裕・東京大教授らの国際研究チームが突き止めた。世界中で爆発的な流行を引き起こしかねない新型インフルエンザの出現予測に役立ちそうだ。5日付の米専門誌で発表した。 チームは、ベトナムで04年にH5N1型鳥インフルエンザに感染した患者から、2種類のウイルスを採取して比較。気管上部で見付かった毒性の強いウイルスは、たんぱく質を構成する特定のアミノ酸がリシンだった。もう一方のウイルスで、同じ位置にあるグルタミン酸を人工的にリシンに変え、マウスに感染させた。
最新新型インフルエンザ情報は・・・新型インフルエンザランキング

その結果、毒性が強まり、さまざまな臓器で増殖しやすくなることがわかった。このウイルスを人間の気管支の上皮細胞に感染させると、鼻の中の温度に近い低温(33度)でも効率よく増えた。元のウイルスは低温では増えにくかった。 河岡教授は「鳥インフルエンザウイルスの特定のアミノ酸が変異すると、人の鼻やのどで増殖しやすくなることを示す結果だ。気管上部でウイルスが増殖すると、せきなどにより、人同士で感染する恐れが大きくなる」と話している。05年に中国西部の野鳥の間で大流行したH5N1型鳥インフルエンザウイルスも同様の変異があった。鳥インフルエンザが流行した場合、この変異が起きているかどうかを調べれば、人同士で感染する新型インフルエンザにつながるかを予測する一つの指標になるという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


強毒性新型インフルエンザの脅威


◆新型インフルエンザ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆新型インフルエンザ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。