視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

『体験レポート』視力矯正レーシックの手術

デリケートな目をホコリ・花粉から守る!有害紫外線にも!【K】レーシックプラスハードケース付
【PJ 2007年09月30日】- 欧米では、非常にポピュラーな視力矯正手術となっているレーシック。日本国内でも、その手術件数は非常に増えてきており、多くの近視の人をメガネ・コンタクトレンズの煩わしさから解放させてきている。と、言うと「メガネやコンタクトレンズがそんなに煩わしいのか?メガネをかけての生活にそんなに困っていない」と言われそうなので、「メガネ・コンタクトレンズの生活から、裸眼の生活に戻している」と言ったほうがいいのだろうか。

 私も昨日、インターネットのホームページで一通り調べて、検査をしてレーシックの手術を終えたところである。術後1日目なので、こうしてパソコンを使ってモニターを見ていることは、あまり良くないような気もしている。
最新レーシック情報は・・・レーシックランキング

レーシック後の生活を12時間しか経験していない私が言うには、情報量が少ないかもしれないが、実体験をレポートする。

 まず、基本的なレーシックことを簡単に説明すると、『レーザーを角膜に照射し、屈折力を変えることで近視・乱視・遠視を矯正する手術(神奈川クリニック眼科HPより引用)』のことで、レーシックの原理は、『眼鏡やコンタクトをつけると光の屈折率が変わり焦点が合うのと同じで、眼の角膜の形を変えて焦点を合わせる(レーシックを考えるページより引用)』のだそうだ。

 これは、レンズを通して網膜に像を映す目の原理を知っていれば分かることだが、レーザー照射によって、どのように角膜の屈折力を変えているのかは、最後までわからなかった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


デリケートな目を有害紫外線やホコリ、 花粉から守る!レーシックプラス ハードケース付


◆レーシック関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆レーシック関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。