視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブレに強い最上位コンパクトが1200万画素に――「オプティオA30」

和柄ベルト!ベージュ!和柄デザインが、とても日本人らしい古風な1品!
 ペンタックスは10月2日、同社コンパクトデジタルカメラの最上位シリーズとなる新製品「オプティオ A40」を発表した。11月上旬から発売する。価格はオープンで、市場予想価格は4万円前後になる見込み。

 今年2月に発表された「オプティオ A30」の後継機。同社デジタルカメラ初の1/1.7型有効1200万画素の大型CCDを採用し、最大4000×3000ピクセルの高解像度静止画を撮影できる。高い解像力で定評のあるsmc PENTAXレンズは、35ミリ判換算で37~111mm相当の光学3倍ズームを搭載。

 同社独自のCCDシフト式手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」を採用。高精度ジャイロセンサーが検知したブレ量に対して、CCDを水平・垂直に動かすことで静止画撮影時の手ブレを補正する。
最新デジカメ情報は・・・デジカメランキング

さらに、被写体の明るさに応じて自動的に最高ISO3200まで自動的に感度を変更する「Digital SR」や、動画撮影時専用の電子式手ブレ軽減機能「Movie SR」など、撮影シーン・スタイルに合った多彩なブレ補正システムを備えている。動画はDivX形式のMPEG-4動画フォーマットを採用。

 また、撮影画面内の人物の顔を自動的に検知してピント合わせと最適な露出設定を自動設定する「顔認識AF&AE」機能を搭載。画像の白とびや黒つぶれを抑える「ダイナミックレンジ補正」機能も新たに採用した。

 91(幅)×56.5(高さ)×23.5(厚さ)ミリ・重さ約130グラム(本体のみ)の小型軽量ボディに2.5インチの液晶ディスプレイを搭載...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ティアドロップサングラス(茶×金)K-85 NO1ティアドロップはコレです!UVカットのレンズ使用...


◆デジカメ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆デジカメ関連の無料のレポート情報
図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…

歯みがきしながらO脚を治す!

あなたの「O脚」は簡単に治ります!
しかも歯みがきをしながらという手軽さで・・・

簡単な方法なので毎日続けられます。そればかりか、
姿勢も良くなり、脚のラインがキレイになります!

今日から取り組んでくださいね。…




スポンサーサイト

2007年10月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。