視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

南北首脳会談:金総書記の歩き方に変化、糖尿病のせい?

いーぐる⇒ レツツノウリフレツシユ!GAKUGEI 脳活性化ソフト Let’s脳リフレッシュ!
 2000年の南北首脳会談以降、初めて韓国のテレビカメラの前に長時間姿を現した北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は7年前と比べ老け込み、ほおがこけた印象だった。だが、深刻な健康問題を抱えているという説に反し、「金総書記の健康状態は、日常生活には問題なさそうだ」と専門医たちはみている。金総書記の様子で最も目に付いたのは歩き方の変化と腹部肥満だ。 金総書記は歩くとき、右ひざを左ひざより高く上げながら歩いていた。この歩き方は、右足首に力がなく足が地面から離れるため、これを補おうとしているものとみられている。こうした症状は糖尿病の合併症のためと推定される。
最新視力情報は・・・視力ランキング

金総書記は以前から糖尿病を患っているといわれるが、糖尿病の場合、合併症により足に末梢(まっしょう)神経炎が生じやすい。このため歩くとき足首が上がらず、足を引きずりがちになり、ひざを無意識に高く上げるようになる。 金総書記が歩くとき、肩の動きは固定され、腕も力なく見える。こうした動きも糖尿病のためと分析される。糖尿病の合併症で肩の筋肉や靱帯(じんたい)が硬直する「凍結肩」(癒着性肩関節炎)が生じれば肩の動きが悪くなる。 腹部肥満は7年前に比べ進んでいる。腹部肥満がひどくなれば体の重心が前に傾く。それでバランスを取るため歩くときは無意識に腰を後ろに下げ歩く。金総書記の歩き方はこの状態だった。 こうした状態が長期化すれば、腰の筋肉に負担がかかり、腰痛を招く...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 OAフィルター(16~18型)【OAフィルター★】 SANWASUPPLY CRT-G17H


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。