視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

小児科医常駐で効果 青森市急病センターの受診者3倍増

ドクターデュオ MD-6000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071008-00000009-khk-l02
 青森市急病センターの受診者が小児科医常駐の影響で大幅に増え、青森市民病院の負担減につながったことが分かった。6日、市内であった小児救急医療を考えるシンポジウム(市、市医師会主催)で、同病院の池田保彦小児科部長が報告した。

 小児科医常駐は、市民病院など高度医療機関で夜間や休日に受診する軽症者を引き受けようと、市医師会が9月10日に始めた。
最新医療情報は・・・医療ランキング



 報告によると、急病センターの小児科受診者は9月10―30日が268人で、前年同期(87人)の約3倍だった。内科、外科と合わせた受診者総数のうち、小児科が占める割合も34%から57%と増えた。

 市民病院小児科の受診者数も大きく変化。9月10―30日のデータを8月1日―9月9日と比べると、1日平均の受診者数は時間外診療(午後8時―午前7時の夜間と休日)の準夜間帯が66%、深夜帯が89%、休日が77%と軒並み減った。平日は99%と同水準だった。


電気いらずのぬくぬくレッグマット


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。






スポンサーサイト

2007年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。