視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

姫川病院の組合債問題:86人が債権者の会結成 来月にも損賠提訴へ /新潟

ドクターデュオ MD-6000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000081-mailo-l15
 経営破綻(はたん)した糸魚川医療生活協同組合「姫川病院」(糸魚川市)の組合債約12億2000万円の返還が困難になっている問題で、同債の回収を求める組合員86人が6日、「姫川病院債権者の会」(川原貞治代表)を結成した。
 同会は破綻の財務状況を説明せずに組合債の勧誘を行ったのは不法行為に当たるとして、11月にも同病院の経営陣や、同病院を支援してきた富山第一銀行(富山市)などを相手取って総額5億3311万円の損害賠償を求め提訴する。
最新医療情報は・・・医療ランキング

同会はさらに、同病院の清水勇理事長を詐欺罪で刑事告訴する方針だ。
 経営陣は6月の破綻後、「組合債の返還は困難」との見通しを示していた。理事を相手取った提訴について、担当弁護士は会見で「自分では組合債を購入せず一般組合員に債権の購入を勧めた理事や、同債の回収に非協力的な理事に経営責任を問うのは当然」とした。
 原告は平均年齢75歳と高齢者が多く、債権の購入額は1人あたり20万~3650万円で、家族で4000万円を超えたケースもある。川原代表は「会のメンバーは高齢者が多いが、どんなに時間がかかっても裁判をやり抜き、経営破綻の原因を明らかにしたい」と語った。【萩原滋樹】

10月7日朝刊

今ならオナカパットが無料でついてくる!!プラソニエ スタイルナビプロ(おなかパッド付)


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
大人ニキビから解放される9つの方法~本当の美肌を手に入れる!~

大人ニキビはしつこいですよね。

様々な原因から引き起こされる、大人ニキビ。
またそのニキビに悩まされるから厄介です・・・。

ニキビ、ニキビ跡やお肌のトラブルで悪戦苦闘している毎日から解放されたいと思いませんか?

大人ニキ…

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

苦手な人は退治するよりも処理が大変です。
死ぬほどゴキブリが嫌いな私でもできる処理方法をお教えします。

ゴキブリの退治方法。…




スポンサーサイト

2007年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。