視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

若者の職業能力指標とは

65%OFF☆1万人のモニターに驚きの結果が!?ボーテナチュール 110kg⇒57kgのモニターも 「ボー...
 経済産業省や厚生労働省が、若者の就職力ともいうべきか、職業能力というものの指標化を進めているという。社会人の基礎能力と言い換えられるだろうか。なんだか、不思議な感じがする。
 

若者の職業能力どう測る? 経産省と厚労省が新指標
http://www.asahi.com/business/topics/TKY200704100036.html
 
 就職のミスマッチを防ぐためとあるが、そんな目的の為に指標化かが意味があるのか疑問である。もともと、そんな基礎能力は、会社に入ってから教育されたり、仕事をしながら身に付けるものだと考えている。
最新厚労省情報は・・・厚労省ランキング

学生時代に身に付けたものなんて、あてにならないと思っているのはもう古い人間の証拠だろうか?
 
 経済産業省は、「社会人基礎力」と称し、大学での育成に助成するという。
ちなみに、社会人基礎力とは、
主体性、働きかけ力、実行力、課題発見力、計画力、想像力、発信力、傾聴力、柔軟性、状況把握力、規律性、ストレスコントロール力
だという。
 
 厚生労働省は、「就業基礎力」と称し、専門学校の講座や試験での認定を行っている。就業基礎力とは、
コミュニケーション能力、職業人意識、基礎学力、ビジネスマナー、資格取得
だという。
 
 どちらも、以前は性格判断や個性把握といったものではなかったか。それが、今では、それを教えよう、身に付けさせようとしている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


大豆イソフラボンに、ヨーロッパで伝承的に利用されているレッドクローバー由来のイソフラボン...


◆厚労省関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆厚労省関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…



スポンサーサイト

2007年04月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。