視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

“三角合併”次なるターゲット

システム生物顕微鏡
 序章に過ぎない――。これから「三角合併」は加速し、合併・再編の嵐が吹き荒れる。 米シティによる日興コーディアルグループの完全子会社化は来年1月にも実施。日本初の「三角合併」だが、シティグループは「われわれは三角合併とはいっていません。株式交換です」(関係者)と三角合併という言葉を敬遠する。 三角合併は、ごく簡単には「現金不要。合併対価は(買収する側の)株式でOK」という仕組みだ。 これに日本企業は慌てた。「来るぞ、やられるぞ、外資に乗っ取られる」と今年5月の解禁以来、警戒心を募らせている。だが実際は「三角合併は議決権の3分の2以上の賛同が必要で、そう簡単にできるものではない」(第一生命経済研究所の嶌峰義清主席エコノミスト)というから、必要以上にオドオドすることはない。
最新オリンパス情報は・・・オリンパスランキング

 だがシティのような巨大外資は山とあって、日本企業に虎視眈々だ。「シティが東証上場を計画しているように、三角合併を実現させる近道は、東証に上場している外国企業になる。保険のAIGや医療のバイエルなどです。それ以外では米GEが仕掛けてくる可能性がある。家電から重電まで幅広く手掛けるGEは、日本企業の技術力が魅力です。大株主に外資が名を連ねる日立製作所あたりを狙うかもしれない。それにGEとは限りませんが、技術力の高い村田製作所や京セラに興味を持っている外資系はたくさんある」(金融関係者) 世界的再編の進む製薬や食品もターゲットになりやすい...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


OlympusXDピクチャー64MBOlympusXDピクチャー64MB


◆オリンパス関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆オリンパス関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。