視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

衝撃で硬化するスーツ:ワイアードが提供する未来の展示会『NextFest』(5)

OCEAN UNION GENERAL STORE(オーシャンユニオンジェネラルストア)ORIGINAL HOOK COAT(オリジ...
Wired Nextfest Staff 2007年09月25日(4)から続く9月13日から16日(米国時間)に『ワイアード・マガジン』が開催した『NextFest』。多岐にわたるテーマのなかから、生活に身近な最新技術をご紹介する。


衝撃を受けると硬化するスーツ『d3o』Photo:d3o Labイギリスのホーヴ(Hove)にあるd3o labは、通常は泡のような柔軟性があるが、衝撃を受けると硬くなる生地『D3o』を開発、すでに実用化されている。イメージ画像のように、衝撃があると分子同士がお互いに結合し、硬化する。この硬化はほとんど瞬間的に発生し、衝撃が消えると素材は元の柔らかい状態に戻る。シートの形状には2種類あり、高密度のメッシュ加工のデザインで、中程度の衝撃を受けたときに伝わる圧力を最小限にするものと、厚みのある耐衝撃性構造『contour』がある。
最新消防士情報は・・・消防士ランキング

前者は、「X-Game」タイプのスポーツ用の最新ウェアに取り入れられている。後者は、サッカーの顎ガードのような耐衝撃グッズの主要構成材として使用されている。d3oはすでに、サッカー選手やスノーボーダー、バイクレーサーなどの身体を守るのに使用されており、2006年冬季オリンピックでは、米国のスキーチームがd3oで強化された服を着用した。d3oを使った『Superhero Suit』は防護服としても使えるので、兵士や消防士、警察官や保安要員など向けに販売できると期待されている。次のビデオは、『NextFest』会場でのもの。勇気ある女性たちが、d3oで保護された膝をシャベルで叩いている様子などを見ることができる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ フアイアーキヤプテン2【フアイアーキヤプテン2】 F-GROOVE FZ162W111


◆消防士関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆消防士関連の無料のレポート情報
究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?

究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?


日本が発祥の地でありながら、一般的にはほとんど知られていないヒーリング・テクニック、『レイキ』をご存知ですか?


欧米では、公立病院でも実践されていて、普通に辞書にも載っていま…

「大学病院のうそ」~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

■大学病院だから安心だ。
■大学病院は手術が一番上手だ。
■大学病院は最高の医療を提供しているはずだ。

皆さんそう思っていませんか。

これを読めば、「大学病院だから大丈夫。」
という大学病院神話は崩れるかも、、、、、。





スポンサーサイト

2007年10月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。