視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ホイールと3インチ液晶搭載の昇華型フォトプリンタ――キヤノン「SELPHY ES2」

デジカメカンタン年賀状 2008(子年編)(2008(子年編))
 キヤノンは9月26日、昇華型熱転写方式の小型フォトプリンタ「SELPHY ES2」を発表した。2006年11月に発売された「SELPHY ES1」の後継機で、10月18日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万5000円前後だ。

 SELPHY ES2は、インクと用紙を一体化した独自カートリッジ「イージーフォトパック」(Easy Photo Pack)を引き続き採用している。インクと用紙を一回でセットでき、カートリッジを交換せずに最大50枚の連続プリントが可能だ。用紙はL判、ポストカードサイズ、カードサイズの3種類が選べる。ダイレクト印刷の速度はL判1枚あたり約61秒、ランニングコストは約26.3円(イージーフォトパックE-L100使用時)だ。
最新デジカメ情報は・・・デジカメランキング



 モデルチェンジにともない、ユーザーインタフェースには同社の複合機と同様の「Easy-Scroll Wheel」を取り入れるとともに、チルト式の液晶モニタを従来の2.5インチから3.0インチに大型化することで、操作性の向上を図っている。また、回路構成を改良し、起動と画像送りのレスポンスを高速化した。これにより、SDメモリーカードの最大読み込み速度はES1の約10倍に達するとしている。

 画質補正に関しては、画像の中から人の顔を検出し、顔を中心に明るさとコントラストを補正する「自動写真補正」機能や、顔検知技術を利用した赤目補正機能が追加された。明るさ、コントラスト、シャープネスはそれぞれ7段階のマニュアル調整も行える。肌色を中心に色再現の設定値を見直すことで、プリントの色合いも改善した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


高画質デジカメ500万画素 fpiedi FP500D4ピンク背面2.0型液晶モニタで見やすい〓1円~10台〓


◆デジカメ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆デジカメ関連の無料のレポート情報
大人ニキビから解放される9つの方法~本当の美肌を手に入れる!~

大人ニキビはしつこいですよね。

様々な原因から引き起こされる、大人ニキビ。
またそのニキビに悩まされるから厄介です・・・。

ニキビ、ニキビ跡やお肌のトラブルで悪戦苦闘している毎日から解放されたいと思いませんか?

大人ニキ…

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

苦手な人は退治するよりも処理が大変です。
死ぬほどゴキブリが嫌いな私でもできる処理方法をお教えします。

ゴキブリの退治方法。…




スポンサーサイト

2007年10月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。