視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

小林製薬、歯ぐきに直接塗るジェルタイプの歯槽膿漏治療薬「生葉口内塗薬」を発売

歴史的名作「CM320シリーズ」!new balance(ニューバランス)CM320モデルスエード素材レトロラン...
 小林製薬は、歯ぐきに直接塗るジェルタイプの歯槽膿漏治療薬「生葉口内塗薬(しょうようこうないぬりぐすり)」を、9月20日から全国の薬局・薬店で発売した。
 同社では、2002年に歯槽膿漏を予防する薬用ハミガキ「生葉」を発売して以来、薬用デンタルリンス「生葉液」、綿棒で塗る液体タイプの歯槽膿漏治療薬「生葉液薬」、歯ぐきをひきしめる薬用ハミガキ「ひきしめ実感生葉」など、歯槽膿漏の予防から治療までをカバーする製品群を「生葉」シリーズとして発売してきた。天然の植物由来成分を配合している点や、生薬のイメージによる信頼感が生活者に受け入れられ、現在、「生葉」シリーズは年間売上約23億円と順調に成長しているという。
最新治す情報は・・・治すランキング

 一般的に歯槽膿漏を予防する製品としては、歯磨き剤・デンタルリンス・歯間ブラシなどが知られているが、一方、まだまだ“歯槽膿漏を治療する市販薬”は認知が低いのが現状。実際、同社調査によると、歯槽膿漏治療薬の認知度は歯周疾患自覚者の28%にとどまっているという。 今回新たに「生葉」シリーズとして発売するのが、高粘着性ジェルタイプの歯槽膿漏治療薬「生葉口内塗薬(しょうようこうないぬりぐすり)」。医薬品である同製品を発売することで、治療薬のラインアップを増やし、さらに歯槽膿漏薬の認知を高め、予防から治療まで歯ぐきを全面的にサポートする「生葉」シリーズを強化していく考え。 「生葉口内塗薬(しょうようこうないぬりぐすり)」は、有効成分が歯周ポケット内に長くとどまり直接治す、高粘着性ジェルタイプの歯槽膿漏治療薬...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


歴史的名作「CM320シリーズ」!new balance(ニューバランス)CM320モデルスエード素材レトロラン...


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
読んだらきっと怖くなる、医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!!

医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界
なのです。

恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と
ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が
そこにはあります。

今回のレポートは、典型的なその一例を
ご紹介しま…

精神科医熊木徹夫の無料音声レポート(15)

このところ、新型インフルエンザをめぐる報道が過熱しています。
新型インフルエンザ大流行・特効薬タミフル・備蓄の大幅不足・異常行動・・
タミフルについての錯綜とした情報を、医療者の視点から切り分けます。
特に”異常行動”については、精神…




スポンサーサイト

2007年10月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。