視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中高年雇用増える? 10月1日に改正法施行

いーぐる⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(近...
 ■募集・採用時 年齢制限禁止を義務付け

 募集・採用時の年齢制限を禁じた改正雇用対策法が10月1日に施行される。中高年の雇用状況改善が狙いで、改正以前は努力義務にとどめていた年齢制限の禁止を企業に義務付けるとともに、例外的に年齢制限を認めるケースも大幅に削減。「35歳以下」といった年齢制限付き求人ではなく、年齢不問の求人が増加することになる。ただ、今回は、入り口での門戸を広げただけで、今後、実際に中高年の採用が増えるためには、雇用側の意識改革が求められそうだ。

 今回の改正は、安倍晋三首相が掲げた再チャレンジ支援策の一環で、中高年齢層とフリーターの雇用促進を図ることに主眼を置いた。

 改正法ではまた、不法就労などの外国人雇用をめぐるトラブルが相次いでいることから、雇用主に対して、外国人労働者の採用や離職時に氏名や在留資格、その在留期間などを厚生労働省に届け出る義務を課した。
最新視力情報は・・・視力ランキング



 ハローワークでの年齢不問の求人の割合は年々増加傾向にあり、厚生労働省によると、平成13年9月には全体の1・5%にすぎなかったが、今年5月には50・8%と過半数に達している。

 一方で、現行制度では年齢制限を認める例外規定が10項目あり、その多くは若年層に限定するものになっている。

 このため今回の法令改正では、現行の例外規定10項目のうち4項目が削除された。具体的には(1)体力、視力などが一定水準以上であることが不可欠な場合(「長距離トラック運転手で、45歳以下を募集」など)(2)商品・サービスの特性から年齢を限定する必要がある場合(「若者向けの洋服販売職で、30歳以下を募集」など)-といったケース...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


魚油


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?

究極のハンド・ヒーリング『レイキ』とは何か?


日本が発祥の地でありながら、一般的にはほとんど知られていないヒーリング・テクニック、『レイキ』をご存知ですか?


欧米では、公立病院でも実践されていて、普通に辞書にも載っていま…

「大学病院のうそ」~現役医師(Dr. I)が暴露する、大学病院の秘密

■大学病院だから安心だ。
■大学病院は手術が一番上手だ。
■大学病院は最高の医療を提供しているはずだ。

皆さんそう思っていませんか。

これを読めば、「大学病院だから大丈夫。」
という大学病院神話は崩れるかも、、、、、。





スポンサーサイト

2007年10月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。