視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

高齢者医療費など負担増凍結 補正で前倒し処理 税収増、担保なく

【送料無料】卓上シーラー インパルスタイプ〈シール寸法幅5mm×長さ30cm〉
 来春実施予定の高齢者医療費負担増などの凍結で政府・与党が合意し、1000億円以上ともされる財源の確保が焦点となってきた。平成19年度補正予算で前倒しで対応し、税収増を財源に充てる流れが強まっている。概算要求基準(シーリング)の枠を守ることにこだわって枠外で安易な財政支出を許せば、構造改革の根幹である財政再建の旗を降ろすことになる。凍結の具体策を含め、与党と財政当局の調整が正念場を迎える。

 ■修正

 政府・与党が見直しを検討しているのは、来年4月実施予定の医療制度改革で、70~74歳の一般的な所得者の医療費自己負担を、1割から2割に引き上げる負担増などの凍結だ。

 このまま「痛み」を伴う政策を続ければ、次の衆院選を戦えないとの危機感が与党内に強まったためだ。
最新医療情報は・・・医療ランキング

だが、安易な見直しは、6月に政府・与党が合意し、閣議決定した「骨太の方針」の柱となっている歳出削減の決意を大きく軌道修正することになる。

 ■力業

 凍結に向けて大きな焦点となるのが、財源の確保だ。負担増を20年度予算に組み込めば、歳出増に歯止めをかけるシーリングを逸脱する。そうなれば、23年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)黒字化という目標を揺るがしかねない。

 シーリングを死守するために政府・与党が傾いているのが、すでに編成作業が始まっている20年度予算でなく、19年度補正予算で前倒し処理する案だ。舛添要一厚生労働相や自民党の谷垣禎一政調会長が言及したほか、与党高齢者医療制度プロジェクトチームのメンバーも初会合後、「シーリングの枠外という意見が多かった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


ゲルマ0.75g【99.999%】チタン製ネオジウム磁石&ゲルマニウム純鉱石ブレスレットA[T006]定価...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
健康だけが取り柄の主婦が一ヶ月で100万稼ぎ出す現代の裏ビジネス

医療品は高い!これは今も昔もかわりませんよね。

医療品が高いということは、それに携わるバイトも報酬が高いということです。

必要なのは自分の身体だけでいいんです。なんか胡散臭い話に聞こえまね・・・

しかしこれは違法ではなく、…

世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…




スポンサーサイト

2007年10月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。