視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【NBA】キャブスL.ジェームス、視力向上手術に成功

シュアプレイ トレーニングエッグボール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000301-ism-spo
 現地時間13日、クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームスが低下した視力を改善するために手術を行ったことが明らかになった。地元紙「アクロン・ビーコン・ジャーナル」(電子版)が報じている。

 ジェームスは普段からメガネなどを使用してはいなかったが、昨季終了後から手術を考え始めていた。施術はデトロイト・ピストンズのリチャード・ハミルトンら、多数のスポーツ選手や有名人を患者に持つ有名な眼科医によって行われ、10月1日から始まるトレーニングキャンプに向け、コンディションを万全にしているようだ。
最新視力情報は・・・視力ランキング



 22歳のジェームスは昨季78試合に出場し、1試合平均27.3得点、6.7リバウンド、6.0アシストを記録。プレーオフでは25.1得点、8.1リバウンド、8.0アシストのアベレージをマークし、チームを初のファイナル進出に導いた。また、今オフに行われたFIBAアメリカズ選手権ではアメリカ代表として参戦。ナショナルチームは無傷で優勝を飾り、来年8月に開催される北京五輪の出場権を手に入れた。

でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(近...


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…

歯みがきしながらO脚を治す!

あなたの「O脚」は簡単に治ります!
しかも歯みがきをしながらという手軽さで・・・

簡単な方法なので毎日続けられます。そればかりか、
姿勢も良くなり、脚のラインがキレイになります!

今日から取り組んでくださいね。…




スポンサーサイト

2007年09月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。