視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「風邪で仕事がはかどらない」の損失は? コンタック研究所が発表

【送料無料】 関節痛を飲んで治す!正座ができない・ 階段の昇り降りがツライ方などにオスス...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000037-zdn_b-sci
 「風邪で仕事がはかどらない」の損失は5日で4万4270円──。グラクソ・スミスクライン(GSK)のコンタック研究所は9月20日、「ビジネスパーソンの風邪に関する意識調査」を発表した。調査は8月15日~16日にインターネット上で実施。2007年6月以降に風邪の症状を経験し、市販の風邪薬を購入して服用した、20~39歳の仕事を持つ全国の男女208人が対象だ。

【詳細グラフ】

 調査によれば、風邪をひいてから治るまでの日数は平均5.4日。3日が最多で23.6%を占めた。次いで、5日が14.4%、4日が13.9%、7日が13.0%。10日も8.7%にのぼった。風邪の影響で仕事が滞った損失はどのくらいだろうか。最も多かった回答は、金額にして1万円~5万円(40.4%)。次いで5000円~1万円が14.9%、5万円~10万円も13.0%を占めた。損失ゼロとの回答も11.1%あったが、平均では4万4270円。男女別では男性が5万6400円、女性が3万2100円と2万円以上の差がついている。
最新治す情報は・・・治すランキング



 直るまでに時間もお金もかかる風邪だが、かといって仕事を休みづらいのも事実。最大の理由は「代わりに仕事をしてくれる人がいない」(75.1%)こと。次に「重要な予定がある」(35.3%)となった。一方で、風邪が長引く理由は、睡眠不足(75.5%)、体力の衰え(62.5%)、日ごろのストレス(51.4%)などが挙がった。

 GSKでは「風邪を早く治すためには休養が必要だと十分に認識していながらも、仕事に対する使命感や責任感を持ち、体調が万全でないときも仕事をしなければならない意識が読み取れる」という。

 また、日中仕事に集中しているときは、体調管理を後回しにする傾向があることも分かった。風邪をひいたときには50.0%が市販の風邪薬を昼食時に飲むが、48.6%が飲まないという。そのうちの46.5%は「眠気が起きる」ため飲まないが、41.6%は「飲み忘れ」。必ずしも飲みたくないだけではなく、飲みたいけど忘れてしまうケースも少なくないことが分かった。

 このほか、風邪をひいたときには51.9%が「テイクアウト食品・コンビニ弁当を利用したい」と回答したほか、36.1%が「歩くことのできる距離でもタクシーを使いたい」と回答した。風邪が辛いときは、お金を払っても楽したい──というのがビジネスパーソンの本音のようだ。

【関連キーワード】 ビジネスパーソン | 睡眠 | ストレス | 健康

  「忙しくて薬なんか飲んでられない」人向けのかぜ薬とは?

受注専用商品02


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年09月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。