視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

光学18倍&高速連写のコンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-560UZ」

OlympusXDピクチャー64MBOlympusXDピクチャー64MB
 オリンパスイメージングは9月11日、光学18倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-560UZ」を9月21日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万5000円。

 35ミリ換算での焦点距離が27-486ミリの光学18倍ズームレンズを搭載する。F値はF2.8-F4.5。レンズはEDレンズ2枚、非球面レンズ4枚を含む11群14枚で構成されている。マクロ撮影では被写体距離1センチでの撮影が可能。CCDシフト式の手ブレ補正機構を搭載するほか、最高ISO6400の高感度撮影で手ブレと被写体ブレに対応した。

 800万画素の1/2.35インチCCDと、画像処理チップ「TruePic III」(トゥルーピック・スリー)の採用により秒間15枚の連写を実現する(画像サイズが1280×960ピクセル以下時)。
最新オリンパス情報は・・・オリンパスランキング

最大40枚の連続撮影能力にくわえ、シャッターボタンを半押しし、押し切る前の画像を10コマ分記録する「プリキャプチャー機能」も搭載した(画像サイズが1280×960ピクセル以下時)。

 顔検出機能は同社独自の「フェイス&バックコントロール」を搭載。顔検出AFにくわえ、部分ごとに最適な露出を設定することで顔と背景とをきれいに写すことのできる顔検出AEを搭載した。また被写体の笑顔を検知し、自動でシャッターを切る「スマイルショット」も備えている。撮影後の編集機能も充実させ、顔の表情などを変形処理する「ファニーフェイス」や、顔のまわりが放射線状にアウトフォーカスする「センターフォーカス」などの機能を搭載した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


OlympusXDピクチャー64MBOlympusXDピクチャー64MB


◆オリンパス関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆オリンパス関連の無料のレポート情報
ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

ゴキブリを退治した後の簡単な死骸の処理方法をご紹介します。

苦手な人は退治するよりも処理が大変です。
死ぬほどゴキブリが嫌いな私でもできる処理方法をお教えします。

ゴキブリの退治方法。…

これで治る!仮性包茎

生活に支障はないのにかっこ悪い仮性包茎…

自分で治せることをご存知ですか?

実は簡単な方法で治すことができるんです!

銭湯や温泉でこそこそしてきたあなた

堂々と歩けるようになってみませんか?…




スポンサーサイト

2007年09月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。