視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第2部・広がる愛と交流/4 /山形

 ▼モスコーパンダ・グッピー(国産ブリード)(1ペア)
 ◆盲学校入学
 ◇人生、一番の猛勉強
 今野善一さんが入学した県立山形盲学校(上山市)は、幼稚部(4、5歳)▽小学部▽中学部▽高等部の4学部で構成される。このうち高等部には普通科、理療科があり、理療科はさらに、保健理療科と理療科(専攻科)の2課程に分かれる。保健理療科は、あん摩マッサージ指圧師免許の受験資格が得られ、理療科(専攻科)は、それに鍼灸師(しんきゅうし)が加わる。
 入学の相談に行った今野さんは、職員から保健理療科を勧められた。「鍼灸師の国家試験は難しい。年齢が年齢だし、マッサージ師の資格だけで良いのでは」というのが理由だった。しかし、鍼灸師免許も取りたかった今野さんは、理療科(専攻科)を選んだ。
最新視力情報は・・・視力ランキング

「無理と言われれば、余計挑戦したくなる」。今野さんの負けず嫌いが顔を出した。
 盲学校の3年間は、これまでにないほど勉強した。今野さんの場合、中途失明ということもあり点字を読むのが不得手。だから教科書は父親に読んでもらい、授業もテープに録音して毎日夜に家で聞き直した。針灸・マッサージ師の国家試験に合格するまでは、好きだった酒も一切絶った。父親も一緒になって禁酒してくれた。このころから目を酷使したためか、視力が急速に低下。2年生の時にはほとんど見えなくなった。
 今野さんは長男が大学、長女が高校受験を控えていたため、一緒に勉強した。「生活がかかっていたので、もう必死だった」。他の生徒とは意気込みが違った...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


喜多さん家の実力一番シリーズ 天然ブルーベリーゴールド


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。