視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

<東北大学病院>入札せず随意契約 工事契約内容も公表怠る

でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(遠...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070810-00000059-mai-soci
 東北大学病院(仙台市青葉区)が入札すべき工事で、特定の建設業者と随意契約を結んでいたことが分かった。契約内容も未公表だったため、文部科学省は公共工事入札契約適正化法に違反するとして同大を指導し、詳しい説明を求めている。
 レーザーを用いた視力矯正手術室の新設工事。大学の規則では、1000万円超の工事は原則入札を行うことになっていたが、1000万円以下の3件に分割して、06年10~11月に随意契約(予定価格計約2260万円)を結び、同年10~12月に施工した。
最新視力情報は・・・視力ランキング

同病院の特約代理店になっている大手眼科医療機器販売会社「ヤマト樹脂光学」(東京都千代田区)が、仲介したという。
 病院側は「(07年)1月に手術したい患者がおり、すぐにできる工事から契約したため、随意契約になった。入札を避ける意図はなかった」と説明。契約内容を公表しなかったことについては、「病棟移転作業が忙しく、失念してしまった」としている。
 文科省契約情報室は「随意契約の情報を公開していなかった点はすでに口頭で指導した。契約の分割については、大学が『故意ではない』と主張しており、事実関係を確認中で、確認ができた段階で対応を考えたい」としている。【比嘉洋、高山純二、青木純】

【ユニックス】野球・トレーニング機Uボール 硬式タイプ BX72-35


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
悪用厳禁!高すぎる健康保険料を安くする裏技

国民健康保険は、民間の医療保険と比べるとメリットはあるのですが、
保険料が所得によって決まってしまうので、不公平感があります。


保険料の未納が問題になっていますが、
中には保険料を滞納しながらも、保険証をもらっている人もいると…

不妊脱出のキーワードは以外にもこれだった

不妊に悩んでおられるご夫婦必読!
日進月歩の医療技術による不妊解決は
最終手段・・・
ドクターまかせではない、ご夫婦による
赤ちゃんのできやすい体質づくりを
ご紹介しております。…




スポンサーサイト

2007年08月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。