視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ありがとうルーシー・盲導犬と築いた絆:第2部・広がる愛と交流/3 /山形

パンチ&キックでストレス発散!「EVERLAST」パワー・タワー
 ◆農業を断念
 ◇新たなステージへ
 網膜色素変性症が発覚し、医師から5年で失明すると告げられて以来、今野善一さんは毎朝起きると、まず目が見えることを確認し、ホッとした。見えなくなる実感はまだなかったが、日に日に視野が狭くなり、視力が弱くなっていく恐怖感はあった。妻隆子さんは「お父さんはふさぎ込んでいた時期もあった。本人は見えなくなることに内心、イライラしていたと思うが、表には出さなかった。家族も目の話はなるべく避けて通っていた」と話す。
 最も心配したのが同居している両親だった。ある日、家で飼っていたシェパード犬がいなくなっていた。母親が他人に譲ったという。
最新視力情報は・・・視力ランキング

みてもらった占い師が「家の近くに(キツネを神使とする)稲荷(いなり)神社がある。犬とキツネは相性が良くないので、たたりが起きる」と言われたかららしい。迷信を気にする人ではなかっただけに、何だか申し訳なく思った。
 今野さんは受診時に東京大医学部教授から言われた「農業は続けられないから、他の何かをしなさい」という言葉が頭から離れなかった。「努力次第で農業はやっていける」。そう思っていた。実際に田植えの時、水田に引いた線が見えず、100メートル先に白いレジ袋を設置したり、遠い山の頂を目印にして作業をした。作付面積も増やした。すべては農業への未練がそうさせた。
 しかし、病気と診断されて数年が経過し、だんだん色の識別ができなくなった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


視力回復サプリ 『エクストリーム』世界で唯一医薬品として認められたインデナ社のビルベリー配...


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
読んだらきっと怖くなる、医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!!

医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界
なのです。

恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と
ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が
そこにはあります。

今回のレポートは、典型的なその一例を
ご紹介しま…

精神科医熊木徹夫の無料音声レポート(15)

このところ、新型インフルエンザをめぐる報道が過熱しています。
新型インフルエンザ大流行・特効薬タミフル・備蓄の大幅不足・異常行動・・
タミフルについての錯綜とした情報を、医療者の視点から切り分けます。
特に”異常行動”については、精神…




スポンサーサイト

2007年08月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。