視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PINS FACTORY(ピンズファクトリー) ピンズ実例紹介 杏林大学病院呼吸器内科 様 「Lungピンズ」 ★

シュッと一発、鼻爽快!【K-1】【市場店】■携帯用鼻腔洗浄器オスモサイスウォーター■2個1セッ...
オーダーメイド専門のピンズ(ピンバッジ)メーカー「PINS FACTORY(ピンズファクトリー)」(株式会社デザインアンドデベロップメントのブランド名称、本社:東京都港区、代表取締役社長:大久保雄一、以下:ピンズファクトリー)では、ホームページ上でさまざまなピンズ(ピンバッジ)実例をご紹介しています。
http://www.pins.co.jp/

【実例:杏林大学病院呼吸器内科 様】
http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/217_0704-a07/217_0704-a07.htm

これまでにも医療関係のピンズを数多く製作してきたピンズファクトリー。今回のご依頼主は杏林大学病院呼吸器内科様です。診療グループの団結力を高め、より強固なものとするためのオリジナルアイテムとして「Lungピンズ」という作品が生まれました。
最新医療情報は・・・医療ランキング



モチーフとなっているのは呼吸器官の要とも言える肺。製作に際しては、呼吸器内科のロゴとして意味のあるものをということでデザインされたそうです。派手過ぎず、しかしインパクトを考慮した配色は、ベースの青に肺の形を構成する「Lung」の文字に使われた黄色が非常に映え、医師や看護師、パラメディカルスタッフの方が白衣や制服に常時装着できる仕様となっています。

現在、約70名ほどの方々がこのピンズを付けているそうですが、ひと目でそれと分かる形状の「Lungピンズ」は、スタッフ同士の連帯感アップに大きく貢献し、呼吸器内科のシンボルとなってくれることでしょう...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


【セイフティピアッサー純チタン処理したステンレス製ピアス・耳たぶ用・アレキサンドライト】...


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
パソコンと向き合う眼に癒しを!お金をかけずに視力を回復させる方法!

ネットビジネスをしている皆様。

結構眼を酷使しすぎて視力が低下してしまったと

お悩みではありませんか?

実は私もそのひとりです 泣

そこで今回はお金をかけずに

視力を回復させる方法を教えたいと思います。






スポンサーサイト

2007年08月20日 未分類 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://menosaito.blog100.fc2.com/tb.php/515-e36e1e32

-

管理人の承認後に表示されます

2007年09月11日

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。