視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

朝青急性ストレス障害…帰国許可も

【送料無料!】エバメールゲルクリーム 1kg(詰め替え用)【dw190708】
 大相撲の高砂親方(元大関朝潮)は7日、2場所出場停止と謹慎などの厳罰を受けた横綱朝青龍(26)について、日本相撲協会の医務委員会が紹介した精神科医が6日夜に朝青龍を往診し「急性ストレス障害」と診断したことを発表した。別の医師による5日の初診で「神経衰弱および抑うつ状態」と診断されたことに続き、“協会お墨付き”の精神科医も病的な状態であることを確認した。診察に同席した相撲診療所・吉田博之所長は帰国も一つの治療手段であることを認めており、今週中にモンゴル帰国の許可が出る可能性が出てきた。
 協会側の医師からも重い診断が下された。診断書には「ストレス障害。
最新治す情報は・・・治すランキング

強いストレス状況下で、精神的、身体的に衰弱した状態であり、治療、療養が必要」と記されていた。6日夜、東京・墨田区内にある朝青龍の自宅を相撲診療所の吉田博之所長が、自ら紹介した精神科の今坂康志医師を連れ立って訪れた。
 診察は数十分間。ソファに座った朝青龍は今坂医師の問いかけに無表情のまま反応しない。暗い部屋の中で、つけたままのテレビをぼんやりと眺めているだけだったという。付け人らを通じた状況判断も加えて、今坂医師は「急性ストレス障害」と診断した。薬は処方されず、全治も不明だ。
 吉田所長は病状発表前、本紙取材に「詐病ではない。だいぶ参っているようだった。療養が必要だと思う。(モンゴル帰国も)一つの手」と話した。ただ、精神科の診察は一定期間を要するとし、今後の経過観察の必要性も強調...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


すべての暮らしの基は健康から始まる低周波治療器 太長寿


◆治す関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆治す関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。