視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

引退危機!横綱史上初、朝青龍に2場所出場停止処分

オムロン低周波治療器★3つモード★HV-F158【連続SA0810】【即落】【即決】【出品駅伝08】
 大相撲夏巡業の休場届を出しながらモンゴルでサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)に対し、日本相撲協会は1日の緊急理事会で、秋場所と九州場所の2場所の出場停止と九州場所千秋楽までの謹慎、4カ月間30%の減俸処分を決めた。2場所出場停止処分は史上初。年内の本場所から追放される横綱の完全復活は至難で、引退危機にさらされる厳罰となった。

 『仮病疑惑』の横綱に史上最高刑が下された。2場所連続休場という前例のない厳罰。都内の自宅で判決を待っていた朝青龍は、師匠の高砂親方(元大関朝潮)から電話で処分内容を知らされると、「真摯に受け止めて、治療しながら2場所後(の来年初場所)に備えたい。
最新回復 治療情報は・・・回復 治療ランキング

(けがの回復が)間に合えば、12月の冬巡業に(参加できるよう)準備したい」とコメントした。

 「全治6週間」の診断書を提出して夏巡業(8月3~20日)をすっぽかし、帰国したモンゴルで元サッカー日本代表の中田英寿氏らと元気にボールを蹴るという軽率な行動に下されるのは、レッドカードか、イエローカードか。緊急招集された理事会は、紛糾した。

 午後1時に北の湖理事長(元横綱)以下、16人の理事、監事、役員待遇委員が集まり、理事会を開始。まず理事長が各理事に意見を求めたという。当初は出場停止1場所という線で進んでいたが、数人の理事から「もっと厳しくてもいいのでは」という声があがり、再協議。同25分に満場一致で処分を決めた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


オムロン低周波治療器★3つモード★HV-F158【連続SA0810】【即落】【即決】【出品駅伝08】


◆回復 治療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆回復 治療関連の無料のレポート情報
図解「5分で心と体のユガミを治す!」

1日に5分間の簡単な体操で、あなたの体のユガミが改善できます。
プロポーションを良くしたい、慢性疲労だ、腰が痛い、肩がこる、
冷え性がある等、様々な悩みを毎日5分の体操で改善します!
今現在のあなたの体のユガミも確認できます!
そし…

歯みがきしながらO脚を治す!

あなたの「O脚」は簡単に治ります!
しかも歯みがきをしながらという手軽さで・・・

簡単な方法なので毎日続けられます。そればかりか、
姿勢も良くなり、脚のラインがキレイになります!

今日から取り組んでくださいね。…



,,
スポンサーサイト

2007年08月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。