視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

写真集「うめめ」が大ヒット、梅佳代さんが新作出版記念展

天然石の手作りブレスレット【癒しのアジアン雑貨】アベンチュリンとグリーンルチルクォーツブレス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000003-hsk_sb-l13
 写真集「うめめ」が大ヒットを記録し、第32回木村伊兵衛賞を受賞した若手写真家、梅佳代さんの個展「男子(だんし)」が8月2日より、千駄ヶ谷「リトルモア地下」(渋谷区千駄ヶ谷3、TEL 03-3401-1042)で開催される。

 梅さんは1981年石川県生まれ。フォトコンテスト「写真新世紀」で2度の入選後、昨年自身初の写真集「うめめ」を独立系出版社リトルモア(千駄ヶ谷3)から発売した。写真集に収められたのは、強みの「動体視力」を生かし、人々や景色などのユニークな「瞬間」を捉えたスナップ写真の数々。
最新視力情報は・・・視力ランキング



 同作は発売後徐々に売り上げを伸ばし、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)が梅さんを取り上げたこともあり人気が爆発、現在もロングセラーとなっている。リトルモアは同作の好評を受け、このほど写真集第2弾「男子」を発売。新作では、学生時代に梅さんの写真の原点になったという「小学生男子」シリーズを1冊にまとめた。

 リトルモア地下で行う出版記念展では、新たにプリントした作品を含む50点弱を展示。同17日には、映画監督・脚本家の大宮エリーさんをゲストに迎え、梅さんのトークイベント・サイン会も開催する。イベント参加料は500円(要予約、定員に達し次第終了)。会場での写真集購入者には先着限定でポスターが付く特典も。

 入場料は200円。月曜定休(13日~15日は休み)。8月26日まで。

リトルモア

いーぐる⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(遠...


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません


スポンサーサイト

2007年08月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。