視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【リリース・電気機器】オリンパス、輸血管理システム「OLCOS輸血システムII」を発売

【DVD】殺し屋という名の外科医/竹内力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070807-00000214-nkn-ind
【リリース・電気機器】2007年8月6日

輸血関連記録の一元管理で輸血リスクマネジメントと病院経営の効率化に貢献する
「OLCOS(オルコス)輸血システムII」新発売

~厚生労働省の輸血療法に関する改定指針に対応~

オリンパス株式会社(社長:菊川 剛)は、患者さんの血液型や感染症の有無を調べる輸血検査の結果や輸血歴、また輸血製剤の在庫や保存検体を一元管理でき、さらに輸血関係記録の集計・統計までを行う輸血管理システム「OLCOS輸血システムII」を2007年8月8日に国内で発売いたします。本システムの導入により、輸血前後の感染症検査結果や保存検体を、 2005年9月に改定された厚生労働省の「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」に沿って適切に管理でき、また2006年度診療報酬改定により新設された「輸血管理料」の取得作業が効率化されます。
最新医療情報は・・・医療ランキング

オリンパスは、本システムの販売により輸血リスクマネジメントと病院経営の効率化に貢献してまいります。

発売の概要
製品(システム)名       発売日
「OLCOS輸血システムII」 2007年8月8日

主な特長の概要
 1. 輸血前後の感染症検査結果や血液製剤・保存検体の一元管理を実現し、改定された厚生労働省の指針に対応
 2. 血漿分画製剤*の管理機能の搭載や各種統計機能の充実により、新診療報酬の「輸血管理料」の取得を支援
 3. 電子カルテ、検査や投薬などのオーダリングシステムとの接続も柔軟に対応

※ 血液製剤は全血製剤、成分血液製剤、血漿分画製剤に大別されます...

ニュースの続きを読む


ピュアジェル 55g <潤滑ゼリーチューブタイプ> 定価1000円


◆医療関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆医療関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

医者に利用されない【医療機関の選び方】頭に浮かんだ科には行かない!

ご覧頂きありがとうございます!

無知な患者さんが、
「経営の」上手い医者に利用され、
搾取されている現実。

もっと安い薬で治るはずのに高い薬を出したり、
ひどい場合には、
効果のあまりあがらない治療を施しては
「またき…




スポンサーサイト

2007年08月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。