視力の悪い人は視力回復手術を行うか?それとも視力回復手術を行わない視力回復方法を選択するか? 最近は視力回復方法でレーシックが増えてきています。 危険性はゼロではありませんが、手術方法もオン膳になってきていることと、時間も早いということで視力回復手術はレーシックがいいでしょう。

視力回復手術と視力回復方法は視力回復についての情報を数多く紹介していくブログです。
視力回復のレーシックや手術などもあります。 毎日更新される視力回復のニュース記事、そして他のブログの視力回復の記事も毎日更新紹介していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

食品不信…中国の次は米国製の缶食品 ボツリヌス中毒の恐れ

★1円から★超特大12mm! 勇気とヤル気をくれる ターコイズ ブレス 【1円スタート】【大量】
 【ワシントン=渡辺浩生】中国製など食品不信が広がる中、米食品医薬品局(FDA)は23日、深刻な食中毒の一種であるボツリヌス中毒に感染する危険があるとして、キャッスルベリーズ社(ジョージア州)が製造するホットドッグ用チリソースやペットフードなど缶製品の使用を直ちにやめるよう消費者に警告した。
 FDAによると、これまでにインディアナ、テキサス両州で計4人がホットドッグ用チリソースを食べてボツリヌス中毒となり入院した。ボツリヌス菌の感染によって、食後6時間から36時間後に視力や言語の障害が起き、筋力麻痺、呼吸困難などに進み、致死率も比較的高い。
最新視力情報は・・・視力ランキング

日本では、オウム真理教が細菌兵器として開発を試みたことで知られる。

 キャッスルベリーズ社は先週、原因のチリソースを製造したオーガスタの工場の操業を停止し、同じ工場から出荷された約90種類の缶食品の自主回収を開始。製品は全国約8500の小売店に流通し、影響は数千万缶に及ぶ可能性がある。
 リコール対象には牛肉や鶏肉のペットフードも含まれるが、FDAによると、ボツリヌス中毒は過去、犬に感染した例はあるが、猫にはないという。

【関連記事】
・ 安全性に問題ある輸入品、半数は中国製 EU
・ 上海人も自覚 安全を“輸入”する「食の国」
・ 段ボール肉まん…視聴率至上、チェック体制なく
・ 反撃?中国が米国肉を輸入禁止 貿易摩擦の様相
・ やらせ肉まん…「段ボール餃子」はホント?
・ 特集「中国ニセモノ禍」
(引用 yahooニュース)


★1円から★超特大12mm! 神秘的に輝く 人工オパール ブレスレット 【1円スタート】【大量】


◆視力関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆視力関連の無料のレポート情報
読んだらきっと怖くなる、医療関係のみんなの知らない秘密を大暴露!!

医療業界というものは、実は、かなり閉鎖された世界
なのです。

恐らくは、皆さんが、「えっ、そうなの」と
ごく身近なものでも全く知らされてなかった事実が
そこにはあります。

今回のレポートは、典型的なその一例を
ご紹介しま…

精神科医熊木徹夫の無料音声レポート(15)

このところ、新型インフルエンザをめぐる報道が過熱しています。
新型インフルエンザ大流行・特効薬タミフル・備蓄の大幅不足・異常行動・・
タミフルについての錯綜とした情報を、医療者の視点から切り分けます。
特に”異常行動”については、精神…




スポンサーサイト

2007年08月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。